古文

文学・歴史

お下劣古典文学「宇治拾遺物語」1巻6話~坊さんのタマサオ事件

「お、なんかええ具合に悦がっとるで・・・もっとこすれこすれ!ほれほれ!」 「いやほんま、具合悪おす・・・もう堪忍しとくなはれ」 坊さん必死で懇願するよって、余計おもろなってこすらせ続けたら・・・ 毛ぇの中から、おおきいおおきいマッタケがニョキニョキ~~と現れて、フル勃起して腹にパンパン当たりよった(すごいな)。 課長補佐師時も部下たちも一斉に大爆笑。当人の坊さんまで手ぇ叩いて笑い転げよった。