よつばと!小岩井葉介の作業環境

翻訳のこと

よつばのとーちゃんは、こんにゃく屋ではなく同業者

「よつばと!」をご存知ない方は、この機会に全14巻大人買いしてください。
(マンガをまとめ買いって大人か?・・・子ども買いちゃうんか?)

と本人も読んで欲しいそうです。
主人公よつばのフルネームは小岩井よつば(四葉なのかどうかは現時点では不明)

小岩井よつばの「とーちゃん」の職業は、翻訳者なのです。

しかし、お隣さんの次女「綾瀬風香」は「こんにゃく屋さん」だと思っています。

1巻で、隣人三姉妹のうち最初に登場するのが次女の風香

風香に「お父さんのお仕事は?」と訊かれ
ほんやく と言えず
「こんにゃく」(ドラえもんの道具かいな!w)
と答えてしまったせいで、翻訳者のとーちゃんは、在宅ワーカーの「こんにゃく屋」という「わけわかんねー!!」誤解をされたままです(14巻時点でも隣家の住人さんが小岩井葉介の職業が翻訳者であることを知らないようです)。

「とーちゃん」小岩井さんの仕事は翻訳家でした(1巻210ページ)
こんにゃく屋」と誤解された瞬間(1巻212ページ)
在宅「こんにゃく屋」だと思われている「翻訳家」小岩井葉介(4巻)

風香ちゃんは、登場当初は「美少女」扱いだったのですが、長女あさぎの存在によって、そのランクが一気に急降下します。

綾瀬家の長女あさぎ。次女風香と区別して「きれーなほうのねーちゃん」だそうです。

翻訳者小岩井葉介、仕事中の様子・・・。
キーボードと右下のデスクトップPC本体に注目しといてください。
1巻から3巻の間のどっかでラップトップPCも併用するようにしはったみたいです。

1巻での小岩井葉介の作業環境
右下にデスクトップ、このときはまだラップトップ併用ではない模様。
キーボードはテンキー付きですね(私はテンキーレスキーボード使用です)
3巻での小岩井葉介の作業環境。ラップトップを右側に導入したようです。

1巻から12巻まで、翻訳者小岩井さんは、「とーちゃん」「こい」(親友のジャンボがそう呼ぶ)「小岩井さん」(綾瀬家、後輩の「やんだ」コト安田もそう呼ぶ)としか描かれていなかったのですが、13巻で実母がやってきて名前が「葉介」であることが判明します(よつばは、葉介の実子ではありません)。

(よくわからん・・・)で済むところが良い感じ
小岩井さんのフルネームが小岩井葉介だと判明した衝撃の瞬間(13巻)


上の画像で、小岩井葉介氏の作業環境はシングルディスプレイのデスクトップPC、テンキー付きキーボード、トラックボールマウスではなく普通のマウスであることがわかりました。
在宅翻訳の作業には、最低でもディスプレイは2枚必要です。
私は3枚使っています。

作業イスは、在宅ワーカーご用達のオカムラバロンではないものの、オカムラのオフィスチェアに近い感じですね。 小岩井さんのは背もたれが分厚いので微妙にちゃいますが・・・。
なんしか、肘掛けなしで、作業効率と疲れにくさを兼ね備えた椅子やないとこの仕事には使えません。
オカムラのオフィスチェアには安心感があります。

9巻以降、椅子が変わっています。買い替えはったんでしょう。
背もたれがセパレートでメッシュのタイプです。

小岩井葉介、オフィスチェアを背もたれメッシュタイプに買い替えた(13巻)

シングルディスプレイで多窓開いて作業したはります。器用やなあ・・・。
ディスプレイの縁に付箋貼るのは私もしてます。
右側にラップトップを置いてはるので、分けてはるのですね。
リンクケーブルを使えば楽なのに・・・(繋がってる様子はないですね)

ラップトップと2台同時に使うときはこれで繋いでます。

PCを買い替えて左側に置き換えた(13巻)

10巻でとても不思議な現象が起きます。

10巻冒頭では、パソコンは左にあります(買い替え前のマシンのようです)
10巻145ページで右側に移動・・・・

いつの間に重たいデスクトップPC本体を左から右に移動したのかは、ナゾです。

翻訳者小岩井葉介は、UPSを使っていないようです。
よつばが、家中のエアコンを付け、冷蔵庫を開けっ放しにして出て行った後に悲劇が・・・。

ブレーカーが落ちた瞬間の翻訳者小岩井葉介
UPS使用を強く推奨

在宅翻訳者必須のUPS(無停電電源装置)はこんなん。仕事用ならこれくらい(340W)で十分です(W数が低すぎても不安です)。オムロンは買い替え前が他社製品でも古いUPSを無料引き取りしてくれはるのでオススメです。

小岩井葉介さん仕事ができる人アピール風景

実際、こないガチャガチャとタイピングはしません(当たり前やけどw)。
小岩井葉介使用キーボードは、筐体の形状からして、ライターやプログラマーなどタイピング仕事には最適な東プレREALFORCEではないようです。REALFORCEじゃない普通のメンブレン式だと、ガチャガチャ打ったらすぐに壊れますよ。

私が使ってるのは、テンキーレスのモデル。
ずっと使い続けてるから型番は違うかもしれんけど、微妙な違いです。
(スペースキーの幅が広なってるのと、打鍵圧をキーによって変えている偏荷重モデルがなくなったくらいのもん)

数字をそないに打たない分野の翻訳者には、テンキーレスをオススメします。
デスクが広く使えますので。かな文字入力をしない(そもそもなんであるのかわからない)ので、
かな文字刻印ナシは嬉しいポイント。タッチタイピングで見なくても打てますが、文字消えしにくいのもこのメーカーの特徴(元々薄いという説も)。

「静電容量無接点式」という他にない方式
一般的なデスクトップ用は「メンブレン式」
平べったいのは「パンタグラフ式」
カチカチ言うのは「メカニカルスイッチ式」

静電容量無接点式っちゅうのんは、わかりやすーくゆうたら、ATMとかスマホのタッチパネルみたいなもんの上にキーが並んでいて打鍵するとタッチを感知して入力する仕組み。
無接点、つまり電極がないので、コーヒーをどっば~!とこぼしたときも洗ろて干したらなんの問題もありませんでした(こぼしなや・・・)。
耐久性はダントツです。安いキーボードを壊れたら買い替えたらええって人もいますが、同じモデルがあれば良いですが、ちゃうキーボードに慣れるまでがしんどいので、壊れない東プレREALFORCEは必須アイテムです。
当然、一般的なメンブレン式よりも静かです。
メカニカルスイッチ式はカチカチ言うのが「あえて」好きな人向けです(「カチカチ言わんと押した感がない」って人向け)。かなりうるさいですよ。
会社勤めの方でも、自宅用と会社用に REALFORCE を2台買うて、会社の自分用パソコンには自前で買わはったのんを繋いでつこたはる人もいはります。

小岩井葉介さんは普通のマウス使用ですが、私はこのケンジントンのトラックボールマウスを使用しています。
テンキーレスキーボードの右側に置いてちょうどええ感じです。
普通のマウスや、ましてやノートPCのタッチパッドではコピペしてGoogle検索やら辞書(私はEPWING辞書をEBwinでつこてます)ひいたりしにくいと思うのですが・・・。

2013年に購入したケンジントントラックボールマウスを7年使い込んだら右クリックがアホになりました。同モデルの支持球がいつからか金属製でなくプラスティック製になったようなので、人工ルビー使用のエレコムに買い替えました。
2020年4月23日追記:接点復活剤を吹き込んだら治りました。ケンジントンさんゴメンナサイ。

翻訳者の職業病、腱鞘炎をなるべく防ぐには、リストレストは必須!

そして、在宅翻訳者あるある~~~!
文量が多く、タイトな納期の仕事を完納したときの小岩井葉介さん

徹夜続きで納品後のハイテンションな小岩井葉介さん

徹夜続きのキッツイ案件の納品後の翻訳者の目をしてます。
不気味な半笑いなのも「翻訳者あるある」です。
私は2晩徹夜したら幻聴が聴こえました。どっかから子どもの笑い声が聴こえる・・・近所の子やない・・・「あ、これが幻聴か・・・」と気づきました。

小岩井葉介さん気絶
気絶中に顔をマヨネーズまみれにされてうなされる小岩井葉介

よつばと!は、あずまきよひこ先生がアニメ化を断固拒否したはるそうです。
あずまんが大王のアニメは大ヒット作でした(それで懲りたはるのかも・・・)。

よつばと! がアニメ化されることはないので(断言した!)、やっぱり「大人買い」してマンガをお読みください。よつばと!がアニメ化されてしまったら、ちびまる子ループ突入間違いなしなので、ファンとしては絶対にやめて欲しいのです。

全巻お読みになった在宅翻訳者なら必ずこうツッコミます。

小岩井葉介さん・・・子ども育てて、家借りて、お金かかるのに・・・

余裕で遊び過ぎ!!!

マンガは長期連載(2003年から、まだ続いています)だからなのか、小岩井葉介さんは14巻でスマホを持つまで携帯を持ってはりませんでした(高校生の綾瀬風香は持ってたのに・・・)。13巻で小岩井さんのオカンが「アイフォーン」を自慢しはったので買うたんかも・・・。
デジカメは買わはりました(よつばちゃんにもトイカメラを買うてあげるところが優しいわ~)。

でもまあ、在宅翻訳者は、よほどの緊急案件でない限りメールでクライアントとやり取りしますから、携帯はそない使わんのですけども。

14巻にして初の「携帯電話」がスマホな小岩井葉介さん
リンゴマークはない感じ
14巻で初登場、小岩井葉介の妹「こはるこ」。なんと!コンバーチブルのミニクーパーをポン!と


ずっと自転車移動か借り物の車やったのですが、14巻で妹さんから、屋根が開くミニクーパーをもらわはりました。

在宅翻訳者にそないな贅沢品要らんやろ・・・。外出ることないのに・・・。

よつばと!は、電撃オンライン よつばと!特設サイト でだいぶと無料試し読みがでけます。
http://dengekionline.com/yotsubato/
ほな!

コメント