SIMフリースマホのススメ(留学2)

スポンサーリンク
IT・電子系

皆さん、たいがいスマートフォン(スマホっちゅうか、スマフォやんなあ)をお使いやと思います。

私がロンドンに初めて行ったときには、i-Phone4が出たての(ドロイド君はいはらへんかった)頃でした。
現地トッテナムコートロード駅前の電気屋街(ちゅうてもショボイ)で600ポンドで買いました(日本円で8万円くらいかな)。
もちろん日本の3キャリアじゃないので、元からSIMフリー。
i-Phone4を買うまでに現地で日本円で800円くらいのちゃっちいボーダフォンの端末(めっちゃ小さくて通話とアルファベットのショートメールだけ。なぜかラジオと懐中電灯付き・・・日本でもあれば買うのに)に挿していたO2モバイルのカードをi-Phone4に挿したらしまいでした。

当時、今ほど「なんでもかんでもスマホ」ではなかったので、日本からガラケーを持ってきてローミングしてはる人がぎょうさんいはりました。
「実家との連絡に要る」っていわはる子(低スペックモバイルノート持参)に
「Skype使うたらええやん」と言うと
「何それ?(美味しいの?)」
「なんのためにその板持って来たんな・・・まな板にでもするんかいな」

当然、携帯のローミングは着信でも払わんとあきません。めっちゃもったいないです。
今は、LINEで連絡取りはるんちゃいますかねえ・・・。

ちなみに、日本(と韓国)以外では、LINEはドマイナーです。チャイナはおいといて、世界的にはWhatsAppという、これまたFacebookが運営している通信アプリが主流です。


でも、あなたのスマホはDocomo、au、ソフトバンクのどれかですか?

海外長期滞在の前に、D、a、ソの3キャリアの窓口でSIMロック解除をしてもらうか、本体ごと買い替え時ならSIMフリースマホを買うて、格安SIMを挿す方が安上がりですよ。

*格安SIMによってはSIMロック解除不要のとこもあります。
*後述の白ロム(中古)は解除済みでないものはSIMロック解除をしてもらえません。自分で契約したスマホしか解除してくれません。

通話プランにしても、ナンバーポータビリティ(MNP)対応ですよ。ちなみに私はDocomoのガラケー(まだ使ってる!w)を通話専用最安プラン、SIMフリースマホにデータ通信専用プランの格安SIMを挿して2台持ちです。通話専用機とデータ通信機に分けると、「いざというときにバッテリーがない」「大容量モバイルバッテリー持参」というめんどくさいことにならないで済みます。
私のデータ通信プランは「つこたぶんだけ」なので、Wi-Fi環境では使わないため、月の携帯代はガラケーと合わせても2,000円を超えたことがありません。

SIMフリー端末ゆうたら↑みたいなんです。
シャープAquosの最新機種(お風呂でも使える防水端末)
「高いやん・・・」と思わはります?
(格安スマホSIMにしはったら十分に元取れます)
「それでも高い!」

ほしたら白ロム端末なら、お安いですよ。

「白ロムって何それ美味しいの?」って方。
要するに中古端末と思てくれはったらええです。赤ロムというのはアカン子ですよ(前の持ち主が料金滞納してるとか・・・)。
白ロム端末は、Docomo系格安SIMカードならSIMロック解除なしでそのまま挿せるとか、いろいろあります。元がau端末やとちょっとややこしいかな・・・。
私はお風呂用ブックリーダーとして元auの防水白ロムタブレットを8,000円で買うてWi-Fi環境のみ(SIMカードなし)で使こてますので、ガラケ、スマホ、タブレットの3台持ち。
古いi-phone4とXperiaもWi-Fi環境ならカードなしでも使えるので、まだ持ってますし、Xperia防水端末(これもこないだイギリスで買うたん)は音楽プレーヤーとして現役です。
詳しいことは↓の中の人に訊いてください。


↑で白ロム端末を買うて、格安スマホ(MVMO)を挿したら、通信費激安で、複数年縛りがないですよ。
「MVMOって何それ?美味しいの?」って方は、↓をどうぞ。

ぎょうさんありますねえ・・・。
私は国内ではフリーテルのSIMカード(楽天モバイルが買収したのでもうないです)の最安プラン「使った分だけ」にしてます。FacebookやらLINEやらのSNSもポケモンGOも通信費無料という太っ腹過ぎる会社でしたが、太っ腹過ぎて買収される羽目に・・・。
楽天モバイルも最初はフリーテルユーザの優遇措置を継続していましたが、ついに昨年
「もう堪忍しとくなはれ、なんでも通信費無料サービスは終了しまっさ。その代わりっちゅうたらなんやけど、使こた分だけプランのパケット量ちょっと気持ち多めにするさかに」
と一方的に通告があり、太っ腹サービスは終了しました。

なんしか、いまどき既存3キャリアのスマホを2年契約とかの縛りで持ってるなんか、ありえへん・・・。
少なくとも、海外行かはる人はSIMフリー端末&格安SIMのコンボで。
国外で使えるSIMカードは現地調達。

台湾は中華電信のプリペイドSIMが空港で買えます。UKは giffgaff のSIMなら日本まで無料で送ってくれますので、到着したら空港内のWi-Fiでアクティベートしたらすぐ使えます。
SIMフリー端末のSIMカードを現地で入れ替えるだけ。
端末によってはデュアルSIMっちゅうてSIMカードが2枚挿せるモンもあります。

白ロム端末を買わはるなら、Docomo端末やとたいがいの格安スマホSIM会社が対応してます(SIMロック解除不要)。
なんでか~っちゅうたら、NTT Docomoが、”偉い人”に「ワレとこの回線をMVMO(格安SIM会社)にタダで使わせんと独占禁止法で挙げるぞ!免許取り上げるぞゴルァ!」と命令されたのが「格安スマホSIM」ができたキッカケだったからです。せやし、Docomoの回線を使う格安SIMカードならそのまま使えるというわけです。
うちの父ちゃん、NTT Docomoのタブレットやったけど、解約して格安SIMのデータ通信プランのん入れてつこたはります。

ほな!

コメント