I’m fine アイムファイン

スポンサーリンク
日本人の英会話

I’m fine の事実 

How are you? には I’m fine.
もっと堅苦しい英語教師やったら、I’m fine,thank you, and you?って、子どもの頃に言わされてませんでした?
ハウアーユー?
アイムファインサンキューアンドユー?
アイムファイントゥー
(毎回毎回、アホか・・・)

この ”fine”  学習英和辞書的には、1)すばらしい、 2)元気だ  とか載ってたりするんですが・・・・・。

実際によく使われる意味では、実は・・・・・・。
・ほんとうはええとは思ってないけど、ええとゆうとこか
・まあ・・・・・悪くはないかな・・・・・
・まあ・・・かめへんけど・・・・(積極的OKではない感じ)
のことが多かったりするんですね。

せやし、辞書に載せるとしたら
「大丈夫」
「悪くない」
これは外したらアカンと思います。

イギリスでは、天気が良いって意味で、It’s fineって使われることもあるんですが、ご存知の通り、イギリスは天気が悪いことが多い。
この場合のfineは「雨ではない」くらいの意味であって、実際は必ずしも晴れではないことの方が多いんですね。

アメリカでは本当に晴れの意味で、sunny(太陽sunの派生語)を使うそうです。

It’s good weather, isn’t it?
It’s nice day, isn’t it?

これらは、両方とも「ええ天気ですね~」という意味でイギリス・アメリカ両方で通じます。

さて、そういう「大丈夫」=fine なので、

すばらしい! を意味したくて fine を使うと、誤解されることの方が多いかもしれません。
It’s fine.
You’re fine.
と、ほめたつもりが「悪くはないね」って言ってる感じに。
この場合も、nice を使っておくと「良い!」って意味に。goodでも良いんやけど、言い方によっては、「最善ではないけどね」「まあね」ってニュアンスにもなりかねないので、niceの方が無難かな・・・(どっちゃにしろ言い方ですけど)。
really good! とかにすると、「ほんまにええな!」と文字どおり良いって思ってることが伝わります。

もちろん、日本語でも「それはとてもすばらしいね~」って皮肉で言うこともあるので、そこは英語でも同じ。シチュと言い方次第ですね。
店員さん・営業マンに勧められて「えらいよろしおすなあ~考えときますわ~」って京都人がゆうたら、お断りしてるってことですからw。

She is fine! 彼女はすばらしい! 良い人! ってほめたつもりが・・・・・。
fine には運動選手などの体つきをほめる意味もあったりするので・・・・。
「彼女、ナイスバディーやなあ~」(どこのオッサンやw)ってイヤラシイ意味にとられる可能性もあったりする(かも知れへん)。
ほんまfineって意味が広くて厄介・・・・「fine art」て言えば芸術作品・美術品って意味になるし。
この場合、むしろ「ナイス」の方が良くて、
She is a nice person! 
と言っておけば、「彼女ええ人!」って意味になるので無難。
He/She is nice. だけやと、シチュと言い方次第やなあ・・・。

Anyway! とにかく!

I’m fine  は「大丈夫です」なので
道に迷ってて
Are you OK?
に対して
I’m fine 
「大丈夫です」という意味に。
このときは、I’m fine, thank you.と言った方が良いでしょうね。
thank you がなかったら、「結構です」って冷淡に聴こえるかも。

Are you OK? 「大丈夫か?」と声かけてくれたはるねんから、
OK, Thanks. でももちろん OK です。

実際、関西人はたいがい親切やから、道迷ったはるなあ~って人には「いけますか?」と声をかける(少なくとも私は)のですが、関東弁の人に限って
「いいえ結構です」
と、明らかに迷ってるのがミエミエなのに言わはることが多いんですよね。

とにかく、
I’m fine は「大丈夫です」 
つまり、「大丈夫ですか? お助けしましょうか?」に対して、

Are you OK? 大丈夫? 
I’m fine. 大丈夫 
日本語やと、?があるかないかだけやな・・・。

何かを勧められたり、コレコレ必要ですか?
に対して、
「いいえ、必要ありません」を意味する答えも、I’m fine だったりします。
Do you need a plastic bag? (レジ袋要ります?)
I’m fine. (必要ありません)

めっちゃ元気やで~って、どうしても「fine」を使って言いたければ・・・。

I’m totally fine! 
めっちゃ元気やで~!

Everything is fine!
すべて絶好調!

How are you? に対して
I’m fine thank you, and you?
なんて言うのは、日本人が中学校で言わされるくらい、儀礼的・形式的な表現なので、
「ええまああんじょうやってます。お気遣いありがとうございます。ところでオタクはどうですのん?」みたいな感じの冷たいニュアンスにとられることが多いそうなんですね。

ほんまに「まあまあ」 なら ”so so” やし。
結局
How are you ? に対して、応える必要がないときは、HiでOK。
応える必要があるときは
Good, thanks, you?
長くてもこんなもんでええです。

めっちゃええ!!最高!!なら ”Never better” をどうぞ。
better はwell, goodの比較級(~より良い)だから、これ以上ないわ!=最高 って意味になるん。


ほな!

コメント